ココナッツシュガーのGI値35って怪しい?

ココナッツシュガーのGI値35って怪しい?

ココナッツシュガーのGI値35は本当か?

糖質制限で甘みが我慢できない場合、ココナッツシュガーが良いという。

 

ココナッツシュガーは糖分であるが、砂糖などと比べて血糖値が上がりにくいらしい。

 

このココナッツシュガー(ココナッツ・パーム・シュガー)とは、ココナッツの花の蜜から作った砂糖(花蜜糖)だ。

 

ココナッツの花が咲く前のつぼみを刈り取って、つぼみの先端から花蜜を取る。

 

なので成分自体は、蜂蜜に非常に近くなる。

 

因みに花蜜を絞った後のつぼみは、発酵させてアルコール(酒)を造る。

 

さて、ココナッツシュガーの主成分は、白砂糖と同じショ糖(スクロース)で、100グラム中89グラムがショ糖だという。

 

このココナッツシュガーのGI値(グリセミック・インデックス)が、35だというからビックリする。

 

これはにわかに信じがたい、かなり低い数値だ。

 

グリセミック・インデックスというのは、糖類や炭水化物を食べたときに、血糖値の上昇具合を数値化したものだ。

 

GI値の測定方法は、炭水化物50グラムを含む分の食品を食べて、食後30分ごとに血糖値を測定して、グラフにする。

 

このときの上昇曲線の面積を計算して、ブドウ糖50グラムの上昇曲線の面積と比較する。

 

ブドウ糖50グラムを食べたときに、上昇した血糖値の面積合計を100としたときに、どれくらいの値になるかを調べたのが、グリセミック・インデックスというわけだ。

 

白砂糖のGI値は、およそ65〜70くらいだとされているので、35となると、その半分と言うことになる。

 

これは一体なぜなのか?



ココナッツシュガーのGI値が低くなるわけ

 

グリセミック・インデックスは、炭水化物50グラムを食べたときに、血糖値をどれくらい上げるかという数値のことだ。

 

純粋なグルコース(ブドウ糖)50グラムを食べた場合の血糖値上昇面積を100とした場合と比べた指数で表される。

 

これは食後の血糖値が、どれくらい高い状態が続くのかを表しているため、糖質制限食でもよく参考にされているようだ。

 

ではどんな食品のGI値が高いのか、例を挙げると次のようになっているという。

 

グリセミック・インデックスの例
分類GI値
低GI食品55以下ほとんどの果物及び野菜、豆類、全粒穀物, ナッツ、フルクトース及び低炭水化物食品(肉とか魚など)
中GI食品56から69全粒粉製品、サツマイモ、スクロース(白砂糖)
高GI食品70以上ジャガイモ、スイカ, 白パン、白米、コーンフレーク、シリアル、グルコース、マルトース

 

上の表を見ると、GI値が低いのは、食物繊維が多い食品だと言うことが言える。

 

食物繊維が多いと、炭水化物の分解がゆっくりになり、血糖値の上昇を抑えるらしい。

 

では、ココナッツ・パーム・シュガーはなぜ、白砂糖よりも血糖値を上げないのか?

 

それはココナッツシュガーの成分と、GI値に載せた成分表を見ると、想像ができる。

 

というのも、黒砂糖や白砂糖と比べて、ココナッツシュガーには、窒素・リン・カリウム・マグネシウムがもの凄くたくさん含まれている。

 

これらは野菜やナッツに多い成分で、ココナッツシュガーのショ糖以外の成分は、野菜やナッツに近い。

 

これがココナッツシュガーの糖分の吸収を阻害しているんだろうね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロテオグリカンで保湿・美白・シワ改善
フェイスマスク タイアップLP
抜け毛のタイプで使い分ける育毛剤
LULUSIA-ルルシア-/B
アイケア 一目瞭然
一目瞭然W

リンキーフラット しわ伸ばし
リンキーフラット/スキンケア訴求
麻布十番塩澤式 エスティング
35歳向けLP
トップへ戻る