砂糖依存症:甘いモノは癖になりやすく、つい食べてしまうが、それは病気

砂糖依存症:甘いモノは癖になりやすく、つい食べてしまうが、それは病気

砂糖や炭水化物には中毒性がある

人間の脳のエネルギー源はブドウ糖。

 

だけど脳が使う分のブドウ糖は、炭水化物100グラム程度で賄える。

 

だからそれ以外のエネルギーは、脂肪を使おうというのが、低炭水化物ダイエットアトキンス式ダイエットだ。

 

低炭水化物ダイエットでは、現代人が太りすぎて肥満になるのは、炭水化物を食べ過ぎた結果だと考え、炭水化物を減らして痩せることを狙う。

 

というのも肥満大国アメリカでは、砂糖の消費量が半端無い。

 

アメリカの砂糖消費量は、約1,000万トン(2011年)。

 

日本の現在の砂糖消費量は、約220万トン。

 

人口はアメリカが3億人で日本は1.2億人だから、1人あたりに直すとアメリカが33kgで、日本は18kg。

 

つまりアメリカ人は日本人より15kg(83%)もたくさん砂糖を食べている計算で、余分に食べた砂糖の3分の1が脂肪になるとすれば、アメリカ人は日本人より毎年5キロずつ太っていく計算。

 

甘いコーラをガブガブ飲み、とんでもなく甘い料理をバクバク食べて、10年も経てば50キロも太るというのがアメリカの肥満だ。

 

なので炭水化物を減らせばよいというワケなのだが、これが、かなり難しいらしい。

 

というのも砂糖や炭水化物には中毒性があるからだ。

 


スポンサードリンク

甘いモノは、痛みを和らげる

砂糖などの甘いモノは、古来から「心を癒す」として重宝されてきた。

 

甘いモノを食べると身体が緩み、心がホッとして和らぐ。

 

また甘いという舌への刺激が、脳内物質のドーパミンに作用し元気にさせるのではないかと言う人もいるようだ。

 

ミカンを食べたいと思うときは、ミカンの甘い味を頭や舌でイメージするし、イチゴやスイカを食べたいと思うときは、イチゴやスイカの味をイメージするから、そう言う刺激を欲しいと思うシチュエーションがあるんだろう。

 

一方、物質的には、甘いモノを食べて血糖値があがると、トリプトファンという必須アミノ酸が脳に入りやすくなり、精神を安定させるセロトニンという脳内物質に変換されやすくなるという。

 

セロトニンはウィキペディアの記事によると

生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などの生理機能と、気分障害・統合失調症・薬物依存などの病態に関与している。

 

ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがある。

 

ホルモンとしても働き、消化器系や気分、睡眠覚醒周期、心血管系、痛みの認知、食欲などを制御している。

 

という物質だ。

 

不眠解消に甘いホットミルクを飲むのも、糖分とミルクに含まれるトリプトファンの作用を狙ったものだろう。

 

砂糖や甘いモノに対して、こういったパブロフの犬的な条件反射ができてくると、ちょっとしたストレスや疲労でも甘いモノを食べたり飲んだりして解消しようとする。

 

その結果、毎日甘いモノを食べたり飲んだりして甘いもの中毒や砂糖依存症になっていくらしい。

 

NEXT:むちゃ食い障害 食べても食べても食べ足りない


このサイトの情報は、統計等から見られる傾向についての情報であり、なんら医学的根拠に基づくものではありません。ご自分の症状や病気に関しては必ず医師にご相談ください。

スポンサードリンク

美容・身体の悩み 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第2位★バストアップ★皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修!ヒラクアップ

★第3位★糖尿病★食事だけで血糖値を下げる!藤城式食事法DVD

★第4位★視力回復★1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

★第5位★高血圧★食事だけで血圧を下げる!藤城式食事法

★第6位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第7位★バストアップ★いつでも、どこでも!大澤美樹『バストアップラボ』

★第8位★脚やせ◆1日2分!読者モデルもマイナス5cm大澤美樹『スリムレッグラボ』

★第9位★若返り★1日3秒!2か月20歳若返る新メソッドスローストレッチ

様々な身体の悩み 改善プログラム

★自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★アスペルガー、ADHD、発達障害改善マニュアル

★女性薄毛★サイエ式・女性の育毛発毛プログラム

★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加