糖質制限でダイエット失敗。炭水化物を減らしただけでは痩せられない。

糖質制限でダイエット失敗。炭水化物を減らしただけでは痩せられない。

糖質制限でダイエット失敗。その原因とは?

糖質制限を始めるのに必要なのが、食品に含まれている糖質量の知識。

 

というのも食品中の炭水化物量を知って、炭水化物の多い食品を避けないと、「えっ?!」と思うくらい色んなモノに、山ほど糖質が含まれているからだ。

 

たとえば糖質制限のやり方には、

  • 1日3食のウチ、1食だけ炭水化物を抜く
  • 3食中、2食の炭水化物を抜く(1日当たり炭水化物130グラム以下)
  • 1日中、炭水化物を全部抜く(1日当たり炭水化物60グラム以下)
という3つのレベルがあるらしいのだが、何も考えずに3食主食を抜いても、炭水化物は1日130グラム以下にならない。

 

なぜなら加工食品にはかなり多くの糖質が含まれており、おでんに使われるような練り物でも、何も考えずにたくさん食べてしまうと、あっというまに炭水化物を100グラム前後も摂ってしまうことになるからだ。

 

じゃあ野菜なら大丈夫かというと、野菜にも意外なほど多くの糖質が含まれており、ジャガイモなどの芋類やカボチャだけでなく、人参なども糖質が多くて血糖値が上がりやすい。

 

果物も甘いものは当然のように糖質が多い。

 

なので食品に含まれる糖質量を知り、自分が摂る糖質量に合わせて組み合わせて食べないと、1日60グラム以下どころか、130グラム以下に制限するのも無理だろう。

 



食べ過ぎたらやっぱり太る

糖質制限の本などを読むと、糖質以外は好きなだけ食べても良いという風に書いてある。

 

が、あれはカロリー制限をしている糖尿病の患者さん向けの話で、痩せるために糖質制限する場合は、それでは無理らしい。

 

実際私も8月に1ヶ月ほど炭水化物を抜いた食事をしていたが、最初に2キロほど痩せたあと、全く痩せなくなってリバウンドしてしまった。

 

計算では多い日でも糖質を130グラムくらいしか摂ってない計算なのになぜか痩せない。

 

で、原因を色々考えてみたのだが、やはり食べ過ぎだ。

 

どうやらご飯ややラーメンを食べない代わりに、肉や魚をバクバク腹一杯食べ過ぎてしまったらしい。

 

というのも主食を抜くとタンパク質が足りなくなると思って、かなりたくさん肉を食べてしまっていたからだ。

 

タンパク質は筋肉や血液の材料だし、免疫力だって免疫グロブリンという巨大タンパク質で出来ている。

 

なので必要量は絶対確保しないといけないと思って、山ほど食べてしまったと言うことらしい。

 

タンパク質の一日の必要量は、体重の千分の一弱だ。

 

タンパク質の最低必要摂取量(g)=kgで表した体重×0.9
これによると、体重が70kgだったら、最低63グラムくらいのタンパク質が必要になる。

 

一方、ご飯やパンやパスタには一食当たり10グラム弱のタンパク質が含まれているので、主食を抜くと20〜25グラムくらいタンパク質が減る。

 

つまり1日に必要なタンパク質の3分の1がなくなってしまうから、この分のタンパク質を摂るために肉や魚の量を増やしたら、痩せるどころか見事に太ってしまったわけだ。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る