糖質制限するならココナッツオイルが便利

糖質制限するならココナッツオイルが便利

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸とは?

ケトン食療法で用いられるのが、食べたらすぐにエネルギーになる、「中鎖脂肪酸」という油だ。

 

中鎖脂肪酸をたくさん含むのが最近話題のココナッツオイルだ。

 

無添加のココナッツオイルは、その60%が中鎖脂肪酸で、コーヒーなどに溶かして飲むと、腹が減りにくくなって有り難い。

 

この中鎖脂肪酸というのは、普通の脂肪や油と違って、鎖が短い脂肪酸で吸収されやすい。

 

しかも普通の脂肪や油と違って、いきなり肝臓でケトン体になるのだ。

 

普通の脂肪や油と、どう違うのか、コレをまず復習しておこう。

 

まず学校で習ったとおり、普通の脂肪は、モノグリセリドと(長鎖)脂肪酸に分解される。

 

そしてリン脂質やコレステロールによって、「ミセル化」されて吸収されやすくする。

 

そして小腸の細胞に吸収され、そこで脂肪に再合成されたあと、キロミクロン(カイロミクロン)やコレステロールになる。

 

キロミクロンは、リポタンパク質で、脂肪とタンパク質がひっついた形で、水の中を流れることができる。

 

キロミクロンやコレステロールは、脂肪をリンパ管や血液中に流すための変化や入れ物だ。

 

そしてキロミクロンやコレステロールに入った脂肪はリンパ管の胸管を通り、左の鎖骨あたりで静脈に合流し、ここでようやく血管に入って全身に運ばれる。

 

心臓や筋肉の細胞は、血管を流れている脂肪を取り込んで、それを細胞内のミトコンドリアに運び、ATPというエネルギーを創り出すわけだ。

 



ココナッツオイルと普通の油は何が違う?

普通の脂肪や油と、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は何が違うのか?まず普通の脂肪や油は、小腸で吸収されたあと、リンパ管を通って静脈に入る。

 

静脈を通って全身を巡り、心臓や筋肉の細胞に取り込まれる。

 

余分な脂肪はそのまま血管を巡る。

 

その間、分解されたり、ミセル化されたり、また脂肪に再合成されたり、キロミクロン(カイロミクロン)になったり、コレステロールに入れられたりと、かなり面倒な過程を経る。

 

脂肪をたくさん食べると、コレステロール値が(多少)上がるが、コレステロールというのは、この脂肪を運ぶ箱みたいなもんで、それが全身を巡っているわけだ。

 

ところが、中鎖脂肪酸という油は、こういうややこしい過程を経ずに、いきなり肝臓に送られて分解される

 

MCT(中鎖トリグリセリド)から中鎖脂肪酸に分解されると、そのままの形で小腸の細胞に吸収される。

 

ミセル化も脂肪再合成も、キロミクロン化やコレステロール化もなしだ。

 

しかも小腸で吸収されたあと、リンパ管ではなく門脈という血管を通って、すぐに肝臓に運ばれていく。

 

さらに肝臓では、すぐにケトン体に分解され、血液中に放出されるから凄い。

 

要するに中鎖脂肪酸は、素早く吸収され、血液中をウロウロ流れないで、すぐにエネルギーとして使える形になるのだ。

 

このケトン体は脳のエネルギー源になるので、糖質制限するのには有り難い。

 

実際、朝晩にココナッツオイル入りのコーヒーや豆乳などを飲めば、空腹が和らぐことが多いね。

 

最近は、夜もお湯に溶かして、赤ワインに混ぜて飲んでいるが、翌朝、アセトン臭がして、脂肪が燃えてる感じが味わえる。

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る