糖質制限に便秘はつきもの。 便秘はこんにゃく・ラーメンと海藻で解決

糖質制限に便秘はつきもの。 便秘はこんにゃく・ラーメンと海藻で解決

糖質制限を始めると、便秘になる

糖質制限を始めると、困るのが便秘

 

もともと便秘している人なら大差ないだろうが、米とかラーメン、まんじゅうなどの炭水化物を食べなくなると、途端に便通が止まってしまう。

 

今までは炭水化物食品に含まれる、食物繊維のおかげで便通があったのだが、糖質制限で炭水化物を食べなくなると、この食物繊維が一切なくなってしまうので、便のかさが減って糞詰まりになってしまうのだ。

 

最初は生アーモンドなどをボリボリやっていたのだが、だんだん面倒になって食べなくなってしまった。

 

そうすると便秘が日常化してしまって、便も臭くなる一方。

 

これはマズいと思って色々やっていたのだが、結局、糸こんにゃくでコンニャクラーメンを作り、それにワカメや海苔などの海藻と、干しエビ(小エビ)を入れることで解決した

 

コンニャクは、ダイエットでは定番食品だが、炭水化物がグルコマンナンという形になっていて、ほとんど吸収されないと言う。

 

またワカメや海苔は、海のミネラルが豊富だし、食物繊維もたくさん含んでいる。

 

干しエビはキチン・キトサンという甲殻類特有の食物繊維が含まれているので、これもOK。

 

ただし甲殻類にアレルギーがあったり、肺の病気があった場合は、干しエビはやめておいた方が良さそうだ

 

肺ガンとの相関係数も高かったからね。

 

肺ガンと食品の関連性を調べてみた(1)穀物・魚介類食物繊維不足は、芋や根菜などで解決したいところだが、芋や根菜はどうしても糖質が多いので、海藻で誤魔化すしかないかも知れない。

 



こんにゃく麺には、削り粉をかけると食べやすい。

糖質制限を始めると、便秘になる。

 

今まで食べていた炭水化物食品の中に、食物繊維がそこそこ含まれていたので、それが無くなると途端に糞詰まりになる。

 

これを解決するには、食物繊維をたくさん取らなければならない。

 

食物繊維をたくさん取る手っ取り早い方法は、今までは「バナナ」であった。

 

バナナを食べれば翌日の便は茶色っぽくなってかさが増した。

 

ところが糖質制限を始めてから、糖質の多いバナナは食べられなくなってしまったので、便秘解消にバナナ、というのは使えない技になってしまった。

 

で、いろいろやってみていたのだが、糸コンニャクを使ったラーメンが、便秘解消に役立つと言うことが分かった。

 

こんにゃく麺はダイエットではおなじみの食品だが、とにかくこれで便秘はかなり改善された。

 

それと同時に、麺類への絶ちがたい欲望も多少解決された

 

ネットでラーメン・スープの小袋をたくさん買って、業務スーパーで50円くらいの糸コンニャクをたくさん買って、それでコンニャクラーメンを作ると安く上がる。

 

これに乾燥ワカメと干しエビを加えても、150円前後だ。

 

コンニャク麺の歯触りは、ラーメンとは全く違ってグニグニしているので、慣れないとなかなか美味しいとは思えないのだが、そう言う場合は削り粉(カツオ節やサバ節の粉)をかけると、かなり食感は改善すると言うことも分かった。

 

ラーメンスープや削り粉は塩分が高いので、塩分制限をしている人にはちょっと難しいが、それでも塩分を1日10グラム未満に抑えるのは可能だろう。

 

まあしかし、そのうち飽きてくるし、続かないけど。

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る