ココナッツシュガーの成分と、GI値

ココナッツシュガーの成分と、GI値

ココナッツシュガーとは、ココナッツの花の蜜の砂糖

糖質制限を続けるのが難しい最大の理由の一つは、甘みの誘惑に耐えられないからだろう。

 

なので血糖値を上げないエリスリトールなどの人工甘味料を、砂糖の代用に使うという選択肢が考えられる。

 

ただしエリスリトールの甘みというのは、砂糖とはかなり違った甘みなので、なかなか代用として満足できなかったりすることも多い。

 

甘みなら何でも良さそうなもんだが、やっぱり甘みにも色々あるわけだ。

 

そこで考え方を変えて、血糖値が上がりにくい砂糖はないかと探してみると、実はある。

 

それがココナッツシュガー(ココナッツ・パーム・シュガー)だ。

 

ココナッツシュガーというのは、ココナッツの花の蜜から作られる甘味料で、ショ糖(スクロース)の割合が89%と多い。

 

純粋な白砂糖は99%がショ糖なので、砂糖と比べると1割くらい別の栄養素・成分が入っていることになるが、甘みの元自体は砂糖と同じだ。

 

そしてこのおよそ1割のショ糖以外の成分が、砂糖の吸収を穏やかにしてくれるらしい。

 

ココナッツシュガーは、グリセミック・インデックス(GI値)も低いとされていて、一説にはGI値は35だという。

 

89%が白砂糖の成分と同じショ糖なのに、GI値が35というのは、にわかには信じがたい。

 

しかし残りの11%成分が、ショ糖の吸収を抑えていると考えれば、納得がいく。

 

「食べ順ダイエット」などといって、最初に食物繊維、次にタンパク質と脂肪、最後に炭水化物を食べるというダイエット方がある。

 

この順序で食事をすると、食後の血糖値の上昇が2割くらい抑えられて、太りにくくなるらしい。

 

それと同様の作用が、ココナッツシュガーにもあるらしい。

 

それは成分分析表を見れば分かる。



ココナッツシュガーの成分表とGI値

 

ココナッツ・パーム・シュガーの成分比較
ココナッツ・シュガー黒砂糖白砂糖
GI値3575
スクロース(ショ糖)89.4%88-91%99.6
窒素202100
リン7930
カリウム1030652.5
カルシウム8246
マグネシウム2971
ナトリウム4521
塩素4701610
硫黄26132
亜鉛20.20.1
マンガン0.10.20
21.260.1
0.2300
ビタミンB10.4100
ビタミンC23.400

※出典はhttp://bigtreefarms.com/index.php

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る